◆日商PC検定試験◆
☆日商PC検定試験とは
本検定試験は、主としてビジネス文書の作成、取り扱いを問う「日商PC検定試験(文書作成)」と、主として業務データの活用、取り扱いを問う「日商PC検定試験(データ活用)」の二分野で、それぞれ独立した試験として施行します。
◎試験科目は、「文書作成」、「データ活用」ともに「実技科目」、「知識科目」の2科目となります。
☆試験内容
 企業実務における文書作成や表計算などのアプリケーションソフトの利活用能力を問うとともに、以下のとおりネットワーク環境下におけるITの利活用に資する知識・スキルを問う内容となっています。
(1)企業実務に必要とされるハード、ソフト等IT関連の知識を問う。
(2)企業実務におけるパソコン等IT機器、ネットワークの利活用について問う。
(3)ネット社会における新たなビジネススタイル、ビジネススキルを問う。
(4)ビジネス文書や業務データについて、その作成のみならず、
  保存、管理、検索、活用、流通、再利用などライフサイクル全般について問う。
(5)ITを利活用した実践的なコミュニケーション能力を問う。
(6)ネットワーク上での、ビジネス文書、業務データの取り扱いについて問う。
☆各級のレベル・受験料・科目
各級 レベル 受験料 試験科目 試験時間
1級 企業実務に必要とされる実践的なIT・ネットワークの知識、スキルを有し、ネット社会のビジネススタイルを踏まえ、企業責任者(企業責任者を補佐する者)として、経営判断や意思決定を行う(助言する)家庭で利活用することができる。 10,000円 実技
知識
60分
30分
2級 企業実務に必要とされる実践的なIT・ネットワークの知識、スキルを有し、部門責任者(部門責任者を補佐する者)として、業務の効率・円滑化、業務向上を図るうえで利活用することができる。 7,000円 実技
知識
40分
15分
3級 企業実務に必要とされる基本的なIT・ネットワークの知識、スキルを有し、自己の業務に利活用できる。 5,000円 実技
知識
30分
15分
※3級:18年4月施行開始、2級:18年7月施行開始、1級:18年10月1日、19年2月18日
受験申込方法:電話・FAX又はメールにて受験希望日時・時間をお知らせのうえ、受験可能日の確認後申込お願いします。
(当スクールの営業日内でしたら随時受験可能)
受験申込期限:当スクールの営業日内で受験日の1週間前から前日までのPM8:00までの間。
受験料の支払方法:受験前営業日の午前中振込確認できること。又は当日、現金でお支払ください。